【就活】面接では会話ができれば勝ち

【就活】面接では会話ができれば勝ち

どうもyoruです!

まだ火曜日なのに疲れて栄養剤キメました☆もうね、ベッドから出るだけでえらいんですよ人間ていうのは

ということで今回は、”10社落ちてわかった、面接で覚えてきた内容を正しく伝える方法”をご紹介したいなと!思います!

目次☟

でははじめましょう!

はじめに

就活ってなかなか大変ですよね、就職活動中のみなさんお疲れ様ですよほんとに

私は21卒で去年就活しまして、10社落ちました!で、11社目で内定いただいて、なんと2週間でやめました!そう、あほなんです私

(2週間で辞めた経緯はこちら☟)

5社目落ちた時からはもう病みまくりでした

焦って説明会を週に4つとか入れるじゃないですか、そしたらストレスで行けなくなって快活で一人で泣いたりしましたよ笑

あとストレスで免疫力下がったのか、急性扁桃腺になったし、そのあと全身に発疹もできました

だから就活がつらい気持ちは痛いほどわかります。みんな無理しないでね

なぜ面接で落ちるのか

私は気づくのが遅かったんですけど、10社中8社は一次面接でお祈りされてたんですね。

てことは、書類選考は通ってるんですよ、てことは?

そう!面接がダメなんです!それを10社落ちてから気づいたってまじ?

で、今までの面接を振り返ったら、

質問に、覚えてきたことをそのまま喋っていた んです

これ今だからわかるけど、本当によくない。

なぜそのまま喋るのはよくないのでしょうか?

面接とは会話である

それは、会話になっていないからなんです

以前もブログで書きましたが、面接は、私たち就活生がどんな人間か知るために会話するものなんです

もちろんそのまま覚えてきたことを答えて会話として成立するなら問題はないです。

ですが、今まで面接で落とされた方はきちんと会話ができていたでしょうか?

咄嗟に覚えてきたことを口語に変えながら話すというのはなかなか難しいです。

なので、とりあえず3つだけピックアップして、どういう言い回しをすれば会話として成立するのかを書いてみます

正しく伝える工夫の仕方

大体の企業で一番最初に聞かれた、「では、まずは自己紹介をお願いします」

自己紹介

NG例「〇〇のyoruと申します。私はこれまでに○○をして~また○○もしてきました。御社は○○に魅力を感じたので志望しました。こうしていきたいです。よろしくお願いします。」

これは開始1秒で言うことすべて終わらすタイプですね。

結構ここの自己紹介はサークルでの経験とか、受賞歴とか頑張ってることを言うらしいのですけど、私はそんな力入れなくてもいい気がしてます(あくまで個人の意見です)

”コミュニケーション得意なので、御社の業務が円滑にはかどるための懸け橋として頑張りたいと考えております。”

的なのでも十分だと思いますねあーしは(あくまで個人の意見です)

ちなみに私が内定もらった時は、

「〇〇のyoruと申します。本日はお忙しい中、貴重なお時間をいただきましてありがとうございます。正直緊張していますが、自分の気持ちが伝わるように頑張りますので、よろしくお願いいたします。」

みたいなこと言ってましたね

志望動機

NG例「御社の○○に魅力を感じたからです。私は今までに○○をしてきました。そこで、○○を身に着けました。その培ってきた○○を生かし、御社に貢献したいと考えております」

これは本当に覚えてきたことをそのまま言ってます。

ここで面接官は、あくまで「なんでこの会社に応募したの?」を聞いているだけであるので、自分が何をしてきて何が活かせるかは今言うことじゃないんです。それは自己PRの時にいくらでも言えます。

私だったらこう答える

「御社の○○に魅力を感じたからです。〇〇はこうでこうで、自分はここがこう思ったんです。だから御社に入って○○になれるように頑張りたいと思った/○○をたくさんの人に提供したいです。」

だから~以降は正直今言わなくてもどっちでもいいと思います。今言わないで、将来のビジョン/御社に入ってやりたいこととかを聞かれたときにでも言うのでもいいと思います

自己PR

ここは会話の面から見たらNG例とかあまりないと思います

「私は○○で、□□をしてきて、△△を身に着けてきました。これを生かして、御社でこれをこうしていきたいと考えております。」

こんな感じで充分だと思います

あんまり細かく言うよりも、ざっくり言って逆質問された方が一方的な会話にならなくていい感じだと思いますよ!

覚え方を工夫しよう

その場で言い方を変えるのなんてめんどいよね!て人はもう覚えるときに工夫しちゃいましょう!

コツとしては

  • 来るであろう質問をピックアップする
  • ざっくり言いたいことをまとめる
  • 会話的な感じで練習する

です

このざっくり言いたいことをまとめるが割と大事で、というのもここで全部細かく覚えちゃったら、結局覚えてきたんだろうな~て思われちゃうんですよね

だからあえてざっくりまとめて口話として練習することで、会話っぽくさせるという。

”会話的な感じで練習する”ていうのは、頭の中で面接してるイメージを思い浮かべるんですね

だから頭の中で面接官にしゃべらせて、それに返答をしていくっていう、、、、

一人で自分と面接官二人演じるみたいなもんです。一人二役か!説明下手でごめんね

あとがき

さあいかがでしたでしょうか!

ちょっとね、わかりずらいと思うすごく。

近々おにゅーのあいほんが届いたら、youtubeに詳しく話そうとおもてるので、気になってくださった方がいればそっちを見ていただければもっとわかりやすいと思います、、、!ごめみです

そろそろ就活が佳境に入ってきた方も、これから本腰入れる方もがんばりましょう!yorujapanは頑張るあなたを応援しています

ではでは